お知らせ・イベント情報

2019年5月13日(月)開催:国際招待講演「養育・保育の質と発達の道筋~環境からの影響の受けやすさ(被影響性)と初期環境の重要性~」

2019.04.12イベント

 

seminar_20190513

 

 

日時/Date&Time

2019年5月13日(月) 18:30~20:30 (開場18:00~)
May 13, 2018 [Mon]  18:30~20:30
(open 18:00~)

場所/Venue

福武ラーニングシアター(東京大学本郷キャンパス 情報学環・福武ホール 地下2階)

FUKUTAKE Learning Theater
Hongo Campus, UTokyo

 

※参加費無料 Free of charge.

※日本語通訳あり。Translation will be provided.

 

講演/Presentation

  • 「養育・保育の質と発達の道筋
    ~環境からの影響の受けやすさ(被影響性)と初期環境の重要性~」
    Prof. Jay Belsky
    (University of California, Davis)

⼈々の発達の軌跡を⻑期的に追跡した縦断的研究を通じて、特に環境の影響を受けやすい⼈々がいる可能性が明らかにされてきました。こうした発達環境からの影響の受けやすさは「被影響性(Succeptibility)」という概念で表され、博⼠は被影響性の⾼い⼈は、恵まれた環境に置かれた場合には他の⼈に⽐べてポジティブな影響を受けやすく、その反対に望ましくない環境に置かれた場合にはネガティブな影響を受けやすい可能性を指摘しています。

本講演では環境からの被影響性の概念や胎児期も含めた初期の発達環境と被影響性との関連性、ならびに被影響性の⾼い個⼈の発達に環境が与える影響について、博⼠の理論とそれを⽀持する最近の研究成果をご報告いただき、初期環境としての養育・保育の質の重要性について考えていきたいと思います。

 

お申し込み方法/Registration

★事前受付は終了いたしました。(5/10 16:00時点)
座席に余裕がございますので、会場へ直接お越しください。

※先着200名(max.200 people)

【お申し込みページ】よりお願いいたします。/ Please click here to register.
(※上記をクリックすると、お申し込みフォームのページに移動します)

定員に達し次第、申込受付を締め切らせていただきます。ご了承ください。

※お電話・メールでのお申し込みは受け付けておりません。
お申し込みフォームをご利用ください。

 

留意事項

  • ホール内での飲食・喫煙は禁止されております。
  • 当日配布資料は参加者にのみお渡しいたします。
    郵送等は承っておりませんので、予めご了承願います。
    開催報告をウェブサイトに後日掲載予定です。ぜひご覧ください。

 

メディアの方へ

取材をご希望の場合は、《取材お申し込みフォーム》よりご連絡をお願いいたします。
(開催1週間前まで受付) ※受付を終了しました。