お知らせ・イベント情報

ポプラ社とCedepは共同研究契約を締結しました。

2019.08.03ニュース

この度、株式会社ポプラ社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:千葉均、以下ポプラ社)と東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センター(所在:東京都文京区、センター長:遠藤利彦、以下東京大学Cedep)は、デジタルメディアの急速な普及が進み‘本離れ’が叫ばれる中、子どもを取り巻く読書環境の改善を目的とし、‘本’の価値を科学的なアプローチで明らかにする「子どもと絵本・本に関する研究」プロジェクトを共同で開始します。

本研究では、

  • 子どもの発育発達プロセスにおける絵本・本の固有性
  • 認知能力・非認知能力の発達への寄与の可能性
  • 保育園・幼稚園での絵本をとりまく環境 等

これらを科学的アプローチによって明らかにしていくことで、デジタルメディア時代の絵本・本の新たな価値を発見し、その研究成果を広く社会に向けて発信することで、未来の子どもたちにより豊かな読書環境を提供することを目指してまいります。


DSC_2347_02(左から)東京大学教育学研究科Cedep:野澤祥子、東京大学教育学研究科長:秋田喜代美、株式会社ポプラ社代表取締役社長:千葉均、東京大学教育学研究科Cedepセンター長:遠藤利彦


詳細につきましては、ポプラ社のニュースリリースをご覧ください。

外部のニュースサイトで本プレスリリースが取り上げられました。

Media Innovation

WorkMaster