お知らせ・イベント情報

【期間延長9/22まで】『企業主導型保育事業に関する調査』『保育の利用実態に関する調査』(協力:内閣府、日本生命保険相互会社)を実施しています。

2019.09.07ニュース

当センターでは、『企業主導型保育事業に関する調査』ならびに『保育の利用実態に関する調査』(協力:内閣府、日本生命保険相互会社)を実施しています。
本件に関するお問い合わせにつきましては、下記メールアドレス宛にお願い致します。

お手数をおかけいたしますが、ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

『企業主導型保育事業に関する調査』(施設長・保育者対象)『保育の利用実態に関する調査』(保護者対象)概要

【調査実施期間】 2019年8月20日(火)~9月9日(月) 9月22日(日)回答締切
※ 回答受付期間を延長しました。引き続き、調査へのご協力をお願い致します。

【問い合わせ先】

yodogawa☆p.u-tokyo.ac.jp (☆を@に置き換えてください)

※担当者がセンターを不在としている場合が多く、電話での対応はしておりませんので、メールでのお問い合わせをお願い致します。

【問い合わせ窓口担当者】
淀川裕美(発達保育実践政策学センター特任准教授)

【調査実施者】
秋田 喜代美・野澤 祥子・淀川 裕美・佐々木 織恵(東京大学 発達保育実践政策学センター)
深井 太洋(東京大学大学院経済学研究科)

【調査委託先】
株式会社マクロミル(ウェブ回答フォームの作成・集計を委託)

【お問い合わせのあった内容】

1. クラスを担当していない主任なのですが、回答できますか。
→「保育者」向けのアンケートは、クラス担任の先生を想定した設問となっております。
恐れ入りますが、クラス担当の先生にご回答をお願い致します。

2. クラス担任とせず、みんなで保育というかたちを取っているのですが。
→担任制を取っていない場合は、書類上記載している人数(各歳児クラスに該当する園児数、実際に配置しうる職員数)をご入力ください。
職員数に関しては、事務や掃除などのみ行っている職員の数はのぞいて、実際に保育にあたっている職員の数のみ、お答えください。