お知らせ・イベント情報

2019年12月1日(日)開催:発達保育実践政策学センター(Cedep)×全日本私立幼稚園幼児教育研究機構 共催国際シンポジウム

2019.11.01イベント

発達保育実践政策学センター(Cedep)×全日本私立幼稚園幼児教育研究機構 共催の国際シンポジウム開催いたします。

 

『新しい保育の物語 ~保育の質・倫理と政治・リアルユートピア~』
Telling new stories about real utopias – From ‘Beyond Quality’ to ‘Ethics and Politics in Early Childhood Education’.

 

日時

2019年12月1日(日) 13:00~17:00 (開場会場12:30~)

場所

伊藤謝恩ホール(東京大学本郷キャンパス 赤門すぐ)

  • 参加費無料 
  • 逐次通訳有

 

プログラム

《シンポジウム主旨》

いま保育・幼児教育の物語は、世界中で、「質とハイリターンの物語」というただ一つの物語に収斂させられようとしている。しかし他にも語られるべき物語、聞かれるべき物語がある。このシンポジウムでは、政治的・倫理的な実践としての保育・幼児教育を回復する「民主主義、実験、可能性の物語」がどのようにして成立可能かということを探求する。

 

  • 開会挨拶

東 重満(全日本私立幼稚園幼児教育研究機構 理事長)
浅井 幸子(東京大学発達保育実践政策学センター 副センター長)

 

  • 講演

“Telling new stories about real utopias – From ‘Beyond Quality’ to ‘Ethics and Politics in Early Childhood Education’.”
Peter Moss
(University College London, emeritus professor)

 

  • 指定討論

東 重満(前述)
秋田 喜代美(東京大学大学院教育学研究科長)

 

  • 登壇者による対話

Peter Moss / 東 重満 / 秋田 喜代美
モデレーター:小玉 重夫(東京大学大学院教育学研究科 教授)

 

  • 閉会挨拶

浅井 幸子(前述)

 

共催

発達保育実践政策学センター(Cedep)×全日本私立幼稚園幼児教育研究機構

 

20191201flyer

◆印刷用PDF→20191201シンポジウム「新しい保育の物語ー保育の質・倫理と政治・リアルユートピア」

 

お申し込み方法

先着350名

【お申し込みページ】よりお願いいたします。
(※上記をクリックすると、お申し込みフォームのページに移動します)

定員に達し次第、申込受付を締め切らせていただきます。ご了承ください。

※お電話・メールでのお申し込みは受け付けておりません。
お申し込みフォームをご利用ください。

留意事項

  • シンポジウムの当日配布資料は参加者にのみお渡しいたします。
    郵送等は承っておりませんので、予めご了承願います。
    シンポジウムの報告をウェブサイトに後日掲載予定です。ぜひご覧ください。

メディアの方へ

取材をご希望の場合は、プレス札をお渡ししますので、
事前に必ず、《取材申し込み受付フォーム(12/1)》よりご連絡をお願いいたします。
(開催1週間前まで受付)

※プレス札を着用の方のみ写真撮影をお認めしています。