新型コロナウイルス関連の子ども・子育てに関わる情報はこちら

お知らせ・イベント情報

【ご協力依頼・保護者対象】乳幼児期の非認知能力についての意識および取り組みに関する調査

2020.09.24ニュース

 

ご協力のお願い
乳幼児期の非認知能力についての意識および取り組みに関する調査

 

2020.12.22 【集計結果公開遅延のお知らせ】乳幼児期の非認知能力についての意識および取り組みに関する調査
平素より大変お世話になっております。9月~11月に実施いたしました、乳幼児期の非認知能力に意識および取り組みに関する調査(webアンケート調査,保護者/園・保育者対象)ですが、集計結果の確認作業に遅れが生じておりまして、当初12月中を予定しておりました速報結果の公開が1月にずれこむ見込みとなりました。たいへん申し訳ございません。お待ちいただいている方には、まことに申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちいただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

|調査概要
東京大学 発達保育実践政策学センター(Cedep)では、凸版印刷株式会社と共同し、幼児の非認知能力を育成する保育実践の研究を行っております。このたび、その一環としまして、乳幼児の子育て中の保護者さまの、乳幼児期の非認知能力についての意識およびご家庭での取り組みについて、学術的に把握することを目的とした調査を実施することとなりました。

調査は、以下のパートから構成されています。
第1部 回答者、お子さんの基本属性(お子さんとの続柄、家族構成、お子さんの年齢、通っている園があればその種類など)
第2部 「非認知能力」に関する意識(非認知能力に関する理解、重視度、取り組みなど)
第3部 乳幼児期の資質・能力に関する意識(お子さんの資質・能力の特徴、習い事、資質・能力の優先順位、園選びで重視することなど)
第4部 非認知能力に含まれる資質・能力に関する取り組みへの期待(重視度、園への期待など)

|調査の対象者(アンケートにご回答いただきたい方)
0歳~就学前(6歳)のお子さまの保護者(きょうだい児がいらっしゃる場合、0~6歳の未就学のお子さまの中で一番上のお子さまについてお答えください。)

|調査実施期間
2020年9月~10月25日(日)
※ 10月25日(日)までにご回答をお願いいたします。

|調査回答用ページ
調査は終了いたしました。

|調査実施主体
東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センター(Cedep)
研究責任者・担当者:西田 季里 (同センター特任助教)

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
E-mail: kiri_nishida[@]p.u-tokyo.ac.jp
* [@]は@に置き換えてご利用ください。

|その他・お問い合わせ
本調査は、東京大学倫理審査専門委員会において審査され、東京大学大学院教育学研究科長の承認を受けて実施しています。
ご意見、ご質問などございましたら、お問い合わせのページよりお気軽にお寄せください。(クリックで別ウィンドウが開きます。)