新型コロナウイルス関連の子ども・子育てに関わる情報はこちら

お知らせ・イベント情報

実行機能測定アプリをCedepで日本語訳しました!

2021.12.15ニュース

Early Years Toolbox から3つのアプリを日本語訳

Cedepは、オーストラリア、ウーロンゴン大学で開発された、子どもの実行機能、自己制御、言語能力、数的能力などの発達をゲーム感覚で楽しく測定するアプリシリーズ Early Years Toolbox のうち幼児の実行機能を測定する3つのアプリを日本語訳しました。

同アプリの「実施者用トレーニング資料」も日本語訳しています。どうぞあわせてご利用ください。

 

実行機能(executive function)とはなんですか?

ひと言でいえば、「心の制御機能」です。厳密には、目標に向かって自らの思考や行動を制御する認知機能を指します。

実行機能には、必要な情報を常に最新のものにして記憶しておく働き、不適切な情報や衝動的にしてしまいやすい反応を抑制する働き、思考や反応を柔軟に切り替える働きなどがあります。乳児期にその発達的萌芽がみられ、幼児期に著しく発達することが知られています。

実行機能は、子どもたちの日常の行動、学業、他者理解と関連することから、彼らの社会生活を根本から支える重要な心理機能として注目されています。

 

Early Years Toolboxとは?

オーストラリア、ウーロンゴン大学のSteven Howard教授と、イギリス、オックスフォード大学のEdward Melhuish教授が中心となり開発したアプリシリーズです。絵本作家のSimon Chadwick氏がイラストを手がけ、子どもが楽しみながら取り組め、かつ、誰でも簡単に子どもの認知能力や非認知能力を測定できるものとなっています。

アプリを使った調査は、オーストラリアのほか南アフリカ、イギリス、アメリカ、カナダ、韓国などで少なくとも9,000名以上の子どもを対象に実施されています。

Early Years Toolbox (EYT) のウェブサイトを訪れてみてください。アプリを使った研究成果など詳細をご覧になれます。Go! Early Years Toolbox (EYT)

 

Cedepが日本語訳した3つのアプリ

EYTのアプリはいずれも iTunes Apple Storeで市販されています。
Cedepが日本語訳をした3つのアプリでは、言語選択で「日本語」を選べるようになりました。

現在(2021年時点)
※そのほかのEYTアプリは日本語を選択できません
※iPadのみに対応しています

 

Mr. Ant(アリさんとあそぼう)

ワーキングメモリ(情報を保持し、必要な時に適切にその情報を活性化させる機能)を測定するアプリです。Go! Apple Store
 

Fish & Shark(さかなかな?サメかな?)

抑制制御(不適切な情報や衝動的にしてしまいやすい反応を抑制する機能)を測定するアプリです。
Go! Apple Store
 

Rabbits & Boats(うさぎとボート)

認知的柔軟性(思考や反応を柔軟に切り替える機能)を測定するアプリです。Go! Apple Store
 

[アプリ日本語翻訳メンバー]
秋田 喜代美(学習院大学·前Cedepセンター長)
鈴木 正敏(兵庫教育大学)
鈴木 智子(播磨看護専門学校)
淀川 裕美(千葉大学·元Cedep特任准教授)

[実施者用トレーニング資料日本語訳メンバー]
柳岡 開地(Cedep特任研究員)
西田 季里(Cedep特任助教)

 

アプリを使って測定調査を実施したい方へ

・アプリは市販されており、どなたでも自由に入手・実施できます。

・EYTサイトで公開されている実施者トレーニング資料(EYT実施者トレーニングスライド資料、EYT実施者チェックリスト)を日本語訳しました。実施の前にご参照いただきお役立てください。

・「日本語」設定で測定調査を実施し結果を公表される際は、Cedep(東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター)をクレジットに入れていただけますと幸いです。

・また、日本の幼児のビッグデータを集積するため、可能であれば測定データの共有にご協力をお願いいたします。

[アプリ・アプリのトレーニング資料・測定データについてのお問合わせ]
西田 季里(同センター特任助教)
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
E-mail: kiri_nishida[@]p.u-tokyo.ac.jp * [@]は@に置き換えてご利用ください