新型コロナウイルス関連の子ども・子育てに関わる情報はこちら

お知らせ・イベント情報

【一般非公開・関係者のみ申込可】2022/4/8開催 研究会 「コロナ禍の保育を考える~韓国の実践から~」

2022.03.30イベント
【一般非公開・関係者のみ申込可】本イベントは、ご案内を受け取られた関係者の方のみ、お申し込みになれます。
[名称] 発達保育実践政策学センター(Cedep)開催 研究会
「コロナ禍の保育を考える~韓国の実践から~」
[日時] 2022年4月8日(金)18:00〜20:00(17:30より入室可)
[場所] オンライン開催(Zoomミーティング)
[お申し込み] 参加費無料
このページのお申し込みフォームから事前参加登録をお願いいたします。(お一人ずつお申し込みください。)
登録が完了すると、自動返信メールにて当日のZoomミーティングURLをご案内します。
届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認のうえ、お問い合わせフォームからご連絡ください。
|| プログラム ||

【司会】
野澤 祥子(発達保育実践政策学センター 准教授)

【講演】 英語のみ

Creating and Managing Space in Early Childhood Settings during COVID-19 : Challenges and Strategies for Improvement
コロナ禍における幼児教育・保育施設の構築と管理 ―改善へ向けた課題と方策―

Prof. Mugyeong Moon(Korea Institute of Child Care and Education)

【質疑応答】 通訳あり
通訳 チェ ミミ(学習院大学 客員研究員)

【まとめ】
秋田 喜代美(学習院大学 教授/東京大学名 誉教授)

お申し込み 事前参加登録 終了しました
お問い合わせ 終了しました

20220408_research-meeting 「コロナ禍の保育を考える~韓国の実践から~」
フライヤー画像