新型コロナウイルス関連の子ども・子育てに関わる情報はこちら

お知らせ・イベント情報

乳児期の聴覚運動連関学習に関する論文がExperimental Brain Research 誌に出版されました!

2022.05.06更新情報

Cedepの新屋裕太特任助教が、大学院教育学研究科(身体教育コース)の多賀厳太郎教授、渡辺はま特任准教授、慶應義塾大学環境情報学部藤井進也准教授らと進めてきた、乳児期の聴覚運動連関学習に関する論文が Experimental Brain Research 誌に出版されました。

3ヶ月の乳児がエアドラム(身体運動可聴化デバイス)で遊ぶ際の心拍数と運動データから、心血管系の予期的制御についての議論を行っています。

Shinya, Y., Oku, K., Watanabe, H., Taga, G., & Fujii, S.
Anticipatory regulation of cardiovascular system on the emergence of auditory-motor interaction in young infants
Experimental Brain Research(2022)

詳しくは、研究成果のページからご覧ください。研究成果へ

なお本研究の一部は、新屋裕太・藤井進也・奥絢介・渡辺はま・多賀厳太郎. 乳児の運動計測技術による発達理解とその未来. 発達保育実践政策学センター (監修), 秋田喜代美・遠藤利彦 (編)『発達保育実践政策学のフロントランナー』中央法規出版(2021年2月)においても紹介しています。