発達保育実践政策学セミナー報告(2015年度開催)

発達保育実践政策学セミナー報告(2015年度開催)

第11回 発達保育実践政策学セミナー

  • 「胎児期・乳幼児期起源仮説の自然実験・介入実験による検証について:
    最近の経済学研究から」
    澤田康幸(東京大学大学院経済学研究科)
  • 「環境因子で刻まれる遺伝子の記憶:環境エピジェネテクス」
    大迫誠一郎(東京大学大学院医学系研究科)

第10回 発達保育実践政策学セミナー

  • 「音色の相対音感と音韻性dyslexia:音声の物理現象を眺めていて気付かされること」
    峯松信明(東京大学大学院工学系研究科)
  • 「子ども虐待予防に向けたシステム作りと妊娠期からの対策の可能性」
    上別府圭子(東京大学大学院医学系研究科)

第9回 発達保育実践政策学セミナー

  • 「妊婦の栄養:低出生体重は予防できるか?」
    春名めぐみ(東京大学大学院医学系研究科)
  • 「国際保育協力の実践と評価」
    浜野隆(お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科)

第8回 発達保育実践政策学セミナー

  • 「子育て支援の地理学 ―地域的文脈と生活空間に注目して―」
    久木元美琴(大分大学経済学部)
  • 「子どもの貧困と健康:教育学の視点から」
    末冨芳(日本大学文理学部)

第7回 発達保育実践政策学セミナー

  • 「教育政策分野における実証的学知と政治」
    橋野晶寛(北海道教育大学旭川校)
  • 「赤ちゃんとディジタル環境」
    開一夫(東京大学大学院総合文化研究科)

第6回 発達保育実践政策学セミナー

  • 「強縦断データの多重スケール解析:複雑系の臨界点は予測可能か」
    山本義春(東京大学大学院教育学研究科)
  • 「出生コホート研究の現状と課題」
    山縣然太朗(山梨大学大学院医学工学総合研究部)

第5回 発達保育実践政策学セミナー

  • 「ライフログの試みと実践:汎用ログと食事ログ」
    相澤清晴(東京大学大学院情報理工学系研究科)
  • 「育てにくい子どもと保育」 岡明(東京大学大学院医学系研究科)

第4回 発達保育実践政策学セミナー

  • 「建築設計からみた保育環境」 佐藤将之(早稲田大学人間科学学術院)
  • 「リズム障害としての自閉症」 小西行郎(同志社大学赤ちゃん学研究センター)

第3回 発達保育実践政策学セミナー

  • 「異文化間教育研究における乳幼児教育―社会学からの視点」
    恒吉僚子(東京大学大学院教育学研究科)
  • 「赤ちゃんは光を発達にどのように利用するか?」
    太田英伸(国立精神・神経医療研究センター)

第2回 発達保育実践政策学セミナー

  • 「『保育実践政策学』を志向した試論と実践」 島田桂吾(静岡大学教職大学院)
  • 「バーチャルとリアルのあいだ」 廣瀬通孝(東京大学大学院情報理工学系研究科)

第1回 発達保育実践政策学セミナー

  • 「プロジェクト概要の説明」 秋田喜代美(東京大学大学院教育学研究科)
  • 「発達保育実践政策学の役割」 大桃敏行(東京大学大学院教育学研究科長)