発達保育実践政策学セミナー報告(2018年度開催)

発達保育実践政策学セミナー報告(2018年度開催)

第34回 発達保育実践政策学セミナー(2018年5月30日開催)
【関連SEED研究プロジェクト経過報告】

  • 「保育園年中・年長児の他児に対する向社会的行動
    子どもの内的表象、活動場面、保育士の関与・声かけ等との関連」

    西田 季里(発達保育実践政策学センター)
  • 「園庭大規模調査に基づくリーフレット作成と今後の展望」
    辻谷 真知子(白梅学園大学・日本学術振興会特別研究員PD)
    (SEED研究代表者:秋田喜代美)

第33回 発達保育実践政策学セミナー(2018年4月25日開催)

  • 「早く産まれた赤ちゃんの”泣き声”は何を伝えるか?
     ―音響的、生理学的解析および心理学的指標からの検討―」
    新屋 裕太(発達保育実践政策学センター)
  • 「学校自己評価が教師間の協働に果たす効果に関する実証的研究
     ―目標設定の主体に着目して―」
    佐々木 織恵(発達保育実践政策学センター)