新型コロナウイルス関連の子ども・子育てに関わる情報はこちら

共催国際シンポジウム「保育とデジタル ― その役割と可能性 ―」開催報告

共催国際シンポジウム「保育とデジタル ― その役割と可能性 ―」を開催いたしました。

当日の発表資料を掲載いたします。

[日時] 2020年9月26日(土) 16時~19時
[場所] オンライン開催(Zoomウェビナー)
[共催] 発達保育実践政策学センター
[共催] 全日本私立幼稚園幼児教育機構

 

東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター 2020 「保育とデジタルーその役割と可能性」シンポジウム報告書

 

発表資料およびプログラム

講演1 Marillyn Fleer 氏資料
「デジタルを活用した遊びとツール: 乳幼児教育施設での実践研究から」

講演2 Louise Lowings 氏資料
「‘We Think Everywhere’ -デジタルツールを使って世界を探索する子どもたちの話」

指定討論 東 重満氏資料

指定討論 秋田 喜代美先生資料

 
|| プログラム ||

司会 野澤 祥子(発達保育実践政策学センター准教授)

開会挨拶 遠藤 利彦(発達保育実践政策学センター長)
     東 重満 (全日本私立幼稚園幼児教育研究機構 理事長)

講演1 デジタルを活用した遊びとツール: 乳幼児教育施設での実践研究から
Marillyn Fleer 氏(オーストラリア モナシュ大学教授)

講演2 ‘We Think Everywhere’ -デジタルツールを使って世界を探索する子どもたちの話
Louise Lowings 氏(イギリス Madeley Nursery School 園長/”We Think Everywhere” (ICT for Preschools)メンバー)

指定討論 東 重満(前掲)
     秋田 喜代美(東京大学大学院教育学研究科長)

~パネルディスカッション~

閉会挨拶 浅井 幸子(発達保育実践政策学センター 副センター長)

2020年9月26日国際シンポジウム 「保育とデジタル ― その役割と可能性 ―」のフライヤー画像
[印刷用PDF]クリックすると大きな画像が開きます(459KB)

近年、保育におけるデジタル活用への関心が高まる中 、その可能性や課題について 、さまざまな議論が行われています 。 子どもの育ちや学びに資するものとして 、デジタルにはどのような可能性があるのでしょうか 。 本シンポジウムでは 、乳幼児期のデジタル活用に関する研究を推進してこられた Marilyn Fleer 先生(オーストラリア)と 、デジタルを使った先駆的な保育実践を営んでおられる Louise Lowings 先生(イギリス)をお招きし 、最新の内容をご講演いただきました 。 また 、日本の文脈からの討論をふまえ 、デジタル活用の可能性や課題について議論し、考える時間を、皆様と共有することができました。