新型コロナウイルス関連の子ども・子育てに関わる情報はこちら

日本学術会議主催学術フォーラム「乳幼児を社会科学的に分析する:発達保育実践政策学の深化」のご報告

日本学術会議主催学術フォーラム「乳幼児を社会科学的に分析する:発達保育実践政策学の深化」のご報告

日本学術会議主催学術フォーラム「乳幼児を社会科学的に分析する:発達保育実践政策学の深化」を開催いたしました。当日の資料を掲載しますので、ぜひご覧ください。

 

日時:2017年10月22日(日)13:00~17:00

場所:日本学術会議講堂

scjforum_20171022_final

 

プログラム・発表資料

話題提供

  • 山口 慎太郎(東京大学大学院経済学研究科准教授)
    「保育園通いは子供の発達にどんな影響?大規模調査からのエビデンス」
    ◇発表資料ダウンロード→こちら(別のサイトに移動します)
  • 赤林 英夫(慶應義塾大学経済学部教授・同こどもの機会均等センターセンター長)
    「日本の幼児教育の収益率の推計(仮)」
    ◇発表資料:web非公開
  • 野口 晴子(早稲田大学政治経済学術院教授)
    「低体重出生-原因と帰結-」

指定討論

  • 大沢 真理(東京大学社会科学研究所教授)
  • 遠藤 利彦(東京大学大学院教育学研究科)
  • 村上 祐介( 東京大学大学院教育学研究科)

※発表者の承諾を得て、公開可能な範囲の資料を掲載しています。

 

報告

掲載準備中です。