病棟保育研究

病棟保育研究

1954 年に初めて保育士(当時は保母)が病院で働き始めて以来、こども病院の病棟や小児病棟で働く医療保育士、所謂病棟保育士の存在は全国に広まってきています。また、いわゆる「プレイルーム・保育士加算」と呼ばれる保険点数がつくようになってから既に10 年以上が経過しています。しかしながら、依然として、病棟保育に関するガイドラインや指針などが作成されることもなく、現在でも、病院や病棟の状況によって様々に異なる業務が行なわれているという報告もあります。

このような背景の中、現在、どのような病院に、どのような保育士が、どのように勤務しているのか等、2つの調査を組み合わせることによって、病棟保育の実態の把握を多面的に捉えることを目指し、日本全国の小児科・小児外科を標榜する病院 2686 施設を対象とした調査を実施しました。本調査は「病棟保育の業務実態の把握」と「病棟保育の数の把握」を目的としていました。

調査結果の概要は、<速報版>に掲載されています。また、センター主催のシンポジウムや各種学会で結果を順次報告しております。

 

研究成果

※web公開可能な資料のみ掲載・ダウンロード可能です。

 

  •  東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター
    <速報版>「病棟保育に関する全国調査」報告書
  • 病棟保育に関する全国調査~小児病棟=育ちの場としての質を豊かに~
    2017年度発達保育実践政策学センター公開シンポジウム
    「人生のはじまりを豊かに~乳幼児の発達・保育研究のイノベーション~」
    於;東京大学, 2017年8月

 byoutou_report_sympo20170806

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 論文

  • 石井悠 (2018). 病棟保育士の役割の検討:小児一般病棟に勤務する保育士を対象として.
    医療と保育, 16, 40-55.
  • 石井悠. (2017). 病棟保育士が経験する道徳的問題に関する質的検討.
    チャイルド・サイエンス, 14, 24-28.

 

学会発表

  • 日本発達心理学会第29回大会自主企画シンポジウム
    「育てる者の,情(へ)の知性 領域特異的情動知性の提案へ向けて」
    話題提供(子どもの育ちを支える病棟保育士の情動),於:東北大学,2018年3月24日
  • 石井 悠 (2017).
    NICU・GCUにおける病棟保育士の実態 ー数と業務内容の実態把握を目指してー
    日本赤ちゃん学会第17回学術集会,於:福岡,2017年7月7日(ポスター)
  • 石井 悠(2017). 病棟保育士が経験する倫理的葛藤の検討
    日本発達心理学会第 28回大会,於:広島,2017年3月27日(ポスター)
  • 石井 悠 (2016). 病棟保育士の働きの背景にある信念の検討
    2016年度発達保育実践政策学センター公開シンポジウム「今、日本の保育の真実を探る」
    於;東京大学, 2016年9月(ポスター)
  • 日本感情心理学会第24回大会前日若手企画2
    「日本人研究者による英語口頭発表―ICP2016を前に―」
    話題提供(Medical childcare staff: their potential role in hospitals
    於;筑波大学 2017年6月17日
  • 日本発達心理学会第27回大会シンポジウム
    「子どもへのかかわりから見える保育者の専門性」
    話題提供(病棟保育士の専門性~子どもの生涯発達に対する役割を探る~
    於:北海道大学,2016年5月1日

 

その他

  • 石井悠・土屋昭子 (2018). 小児病棟におけるアタッチメント
    (特集 最新・アタッチメントからみる発達). 発達, 153, 67-72.