新型コロナウイルス関連の子ども・子育てに関わる情報はこちら

お知らせ・イベント情報

2021/11/5開催 Cedep×ポプラ社 オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本·本」シリーズ 第3回:脳科学から考えるデジタル時代の子どもと読書

2021.10.08イベント

シンポジウム動画へ ↓

[名称] 東京大学Cedep×株式会社ポプラ社 共同研究プロジェクト オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ
第3回:脳科学から考えるデジタル時代の子どもと読書
[日時] 2021年11月5日(金)14時~15時30分(13時30分より入室可)
[場所] オンライン開催(Zoomウェビナー)
[共催] 東京大学教育学研究科附属発達保育実践政策学センター(Cedep)/株式会社ポプラ社
[お申し込み] 先着1,000名 参加費無料
このページのお申し込みフォームから事前参加登録をお願いいたします。(お一人ずつお申し込みください。)
登録が完了すると、自動返信メールにて当日のZoom URLをご案内します。
届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認のうえ、お問い合わせフォームからご連絡ください。
企画趣旨東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター(Cedep)とポプラ社の共同研究「子どもと絵本・本に関する研究」プロジェクトによるオンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ、 第3回は、酒井邦嘉先生(東京大学大学院総合文化研究科)を講師としてお招きし、本の特徴としての紙や見開きの効果を検証した最近の脳科学研究の知見をまじえながら、デジタル時代の読書と言語発達の関係や、デジタル時代における教育のあり方についてご講演いただきます。また、Cedepの佐藤特任助教から、ポプラ社との共同研究の一環として実施した、紙の絵本とデジタル絵本を比較した研究について簡単にご紹介いたします。さいごにCedepの遠藤利彦センター長をまじえたディスカッションを通じて、デジタル時代における、より豊かな読書環境を実現するための手がかりについて考えていきます。

みなさまのご参加をお待ちしております。

 
||プログラム||

司  会 高橋 翠(発達保育実践政策学センター 特任助教)

講  演 「デジタル時代の読書と言語発達」
酒井 邦嘉(東京大学大学院総合文化研究科 教授)

研究発表 「紙とデジタルどう違う?:親子による共同読み場面の比較実験」
佐藤 賢輔(発達保育実践政策学センター 特任助教)

ディスカッション 酒井 邦嘉 × 遠藤 利彦(東京大学大学院教育学研究科 教授/発達保育実践政策学センター センター長)

※プログラムは変更となる場合がございます。
※セミナーの様子は、後日、録画配信いたします(一部プログラムを除く)。配信のみご視聴する場合は申し込みの必要はございません。録画配信の詳細については、セミナー終了後にこのページにてご案内いたします。

※セミナーの資料は、セミナー終了後にこのページに掲載する予定です(一部資料を除く)。

 

シンポジウム動画

終了しました。(期間限定 2022年1月中旬頃まで)

 

お申し込み 事前参加登録
終了しました。

 
2021/11/5開催 東京大学Cedep×ポプラ社 オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本·本」シリーズ 第3回:脳科学から考えるデジタル時代の子どもと読書フライヤー画像

Cedep×ポプラ社 共同研究 →第2回セミナー →第1回セミナー →