Cedep 発達保育実践政策学センター

Cedep 東京大学 発達保育実践政策学センター

幼児教育・保育の振興に関する調査研究を推進するための
国内大学で唯一の卓越した国際政策研究拠点

The Center for Early Childhood Development, Education, and Policy Research(CEDEP)は、国内外の研究者や研究機関、子育てや保育・教育を実践している方々やその団体、実践のための制度に関わる国や自治体と連携し、子ども子育ての課題を協創探究し、解決の道筋を国際的に発信することを目的とした研究拠点です。

2000年以降の教育経済学や発達科学等の研究では、人が健康で幸せな一生を送るためには、乳幼児期の保育・教育の質が最も重要であることが明らかになっています。ところが、わが国にはこれまで、幼児期の保育・教育環境について総合的に研究する国立研究機関がありませんでした。人が健康で幸せな一生を送るための、乳幼児期の発達メカニズムと求められる保育・教育の質やそのための政策の解明。このテーマを科学的に明らかにするには、従来の医学や教育学だけでなく、情報工学・農学・生命科学・経済学・社会学など学術横断融合的なアプローチが必要であり、政策や実践のためのエビデンスを得るためには、日本の文脈における幼児期の環境の質と子どもの発達に関する実証的研究が急がれます。

そこで2015年、CEDEPは、乳幼児の発達や保育・幼児教育の実践、そのための政策に係る研究を推進する「発達保育実践政策学」という新たな統合学術分野の確立をめざして、全国初の国立の研究機関として設立されました。


東京大学未来社会協創推進本部登録プロジェクト SDGsへの取り組み

乳幼児発達科学に基づく保育実践政策学の創成

未来社会協創推進本部登録プロジェクトは、SDGsの17目標に基づき、東京大学の多様な活動を可視化・発信することにより、シナジーと社会的価値の創出に繋げるための仕組みです。Cedepは「乳幼児発達科学に基づく保育実践政策学の創成」を掲げ、本プロジェクトに登録しています。
ぜひプロジェクト詳細ページをご覧ください。

乳幼児発達科学に基づく保育実践政策学の創成
The Center for Early Childhood Development, Education, and Policy Research (CEDEP)


東京大学未来社会協創推進本部登録プロジェクト Cedepの登録プロジェクトが紹介されました

あらゆる学問は保育につながる

未来社会協創推進本部登録プロジェクトサイトにおいて、SDGsに貢献する学内の研究活動として紹介されました。
ぜひ紹介ページをご覧ください。

あらゆる学問は保育につながる
All academic disciplines lead to child education and care


UTOKYO VOICES

普遍的な「保育の質」を求めて。 | UTOKYO VOICES 021
Seeking a “Universal Quality” for Childcare | UTOKYO VOICES 021

UTOKYO VOICES 021


発達保育実践政策学センターパンフレット | 2022

センターパンフレット | 2022

ページトップ