新型コロナウイルス関連の子ども・子育てに関わる情報はこちら

お知らせ・イベント情報

2022/2/28開催 Cedep×ポプラ社 共同研究シンポジウム「豊かな絵本·本·メディア環境の実現に向けて〜『子どもと絵本·本に関する研究』のこれまでの成果から」

2022.02.01イベント

シンポジウム動画へ ↓

2022.04.13 セミナー動画の公開を終了しました。
2022.03.04 動画を公開しました。
2022.03.01 当日の資料を公開しました。

[名称] 東京大学Cedep × ポプラ社 共同研究シンポジウム「豊かな絵本・本・メディア環境の実現に向けて〜『子どもと絵本・本に関する研究』のこれまでの成果から」
[日時] 2022年2月28日(月)15:00〜17:00(14:30より入室可)
[場所] オンライン開催(Zoomウェビナー)
[共催] 東京大学教育学研究科附属発達保育実践政策学センター(Cedep)/株式会社ポプラ社
[お申し込み] 先着1,000名 参加費無料
このページのお申し込みフォームから事前参加登録をお願いいたします。(お一人ずつお申し込みください。)
登録が完了すると、自動返信メールにて当日のZoom URLをご案内します。
届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認のうえ、お問い合わせフォームからご連絡ください。
[企画趣旨] 2019年8月にスタートしたCedepとポプラ社による共同研究プロジェクト「子どもと絵本・本に関する研究」では、子どもと絵本・本の関わりや子どもを取り巻く絵本・本・メディア環境について、調査、実験、事例研究など多様なアプローチに基づき、多層的・多面的な研究を行ってきました。
シンポジウムでは、プロジェクトのこれまでの成果をまとめた上で、これからを生きる子どもたちにとっての豊かな絵本・本・メディア環境を実現するための提言に繋げます。
みなさまのご参加をお待ちしております。

 
|| プログラム ||

開会挨拶・はじめに
野澤 祥子(発達保育実践政策学センター 准教授)

共同研究の成果から
子ども・親子・家庭に関する研究から

佐藤 賢輔(発達保育実践政策学センター 特任助教)

発表「子ども・親子・家庭に関する研究から」では、幼児の家庭における絵本・本・メディア環境の実態等を調べた「幼児の読書とデジタルメディア利用についての保護者調査」、および紙の絵本とデジタル絵本の比較や、メディアの種類と子どもの想像力との関連について検討した一連の実験研究の成果や進捗状況についてご紹介します。調査から明らかになった現在の子どもたちが置かれた絵本・本・メディア環境の実態を踏まえた上で、発達における絵本・本の重要性や読む機会の保障、デジタルメディアとの付き合い方などについて議論するための話題提供を行います。

園・図書館・地域社会に関する研究から

高橋 翠(発達保育実践政策学センター 特任助教)

発表「園・図書館・地域社会に関する研究から」では、保育・幼児教育施設の蔵書やそのための年間予算を調べた「保育・幼児教育施設における絵本環境実態調査」、および子どもの読書活動の推進に向けた公立図書館の取り組みについて調べた「子どもの読書環境と公立図書館の役割に関する調査」結果をご紹介します。2つの調査の結果を踏まえた上で、エコシステムの枠組みから子どもの絵本・本、マルチメディア環境を豊かにしていくために必要な取り組みについて政策提言を行うとともに、今後議論が必要となる点について話題提供を行います。

「令和の子どもと絵本·本環境」表紙画像

本シンポジウムでご紹介するデータと解説は、調査結果ダイジェスト「令和の子どもと絵本·本環境」に掲載されております。ぜひご覧ください。

調査結果ダイジェスト「令和の子どもと絵本·本環境」

指定討論
秋田 喜代美(学習院大学 教授/東京大学 名誉教授)

遠藤 利彦(東京大学大学院 教授/発達保育実践政策学センター センター長)

提言に向けたディスカッション・質疑応答
上記登壇者 + 千葉 均(株式会社ポプラ社 代表取締役社長)

閉会挨拶
浅井 幸子(東京大学大学院 教授/発達保育実践政策学センター 副センター長)

※プログラムは変更となる場合がございます。
※シンポジウムの様子は、後日、録画配信いたします(一部プログラムを除く)。配信のみご視聴する場合は申し込みの必要はございません。録画配信の詳細については、シンポジウム終了後にこのページにてご案内いたします。
※シンポジウムの資料は、シンポジウム終了後にこのページに掲載する予定です(一部資料を除く)。

 

シンポジウム動画(YouTubeで公開しています:チャンネル 東京大学 発達保育実践政策学センター)

2022年2月28日に行われたオンラインシンポジウムを、一部編集してお届けします。
※ 資料はこのページのプログラム欄にございます。

※ YouTubeで閲覧する場合は、以下のタイムスタンプをクリックすることで、任意のチャプターに移動できますが、この埋め込み動画では同機能はご利用になれません。

[チャプター情報]

00:00:00 開会挨拶・はじめに
野澤 祥子(発達保育実践政策学センター 准教授)

共同研究の成果から
00:13:03 子ども・親子・家庭に関する研究から
佐藤 賢輔(発達保育実践政策学センター 特任助教)
00:35:17 園・図書館・地域社会に関する研究から
高橋 翠(発達保育実践政策学センター 特任助教)

指定討論
00:56:55 遠藤 利彦(東京大学大学院 教授/発達保育実践政策学センター センター長)
01:25:52 秋田 喜代美(学習院大学 教授/東京大学 名誉教授)

01:49:42 提言に向けたディスカッション・質疑応答
登壇者 + 千葉 均(株式会社ポプラ社 代表取締役社長)

02:02:40 閉会挨拶
浅井 幸子(東京大学大学院 教授/発達保育実践政策学センター 副センター長)

 
 

お申し込み 事前参加登録

終了しました
 

取材のお申し込み

終了しました
 
東京大学Cedep×ポプラ社共同研究シンポジウム「豊かな絵本・本・メディア環境の実現に向けて〜『子どもと絵本・本に関する研究』のこれまでの成果から」フライヤー画像

 

オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ(全4回)について

共同研究「子どもと絵本・本に関する研究」プロジェクトでは、オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズと題して、多彩なゲスト・講師をお招きし、デジタル時代の子どもの発達と絵本・本の関係や、子どもをとりまく絵本・本環境について学びを深めるためのセミナーを全4回にわたり開催しました。

本イベント開催にあたり、これまでのセミナーを振り返り、期間限定で配信した各セミナーの動画を再配信いたします。どうぞお見逃しなく。 公開は終了しました。

Cedep×ポプラ社 共同研究 →第1回セミナー →第2回セミナー →第3回セミナー →第4回セミナー →