Cedep出版物

乳幼児の発達と保育 ―食べる・眠る・遊ぶ・繋がる―

book_asakura_201908

 

【監修】 秋田 喜代美
【編著】  遠藤利彦・渡辺はま・多賀厳太郎
【出版社】 朝倉書店
【ISBN】 978-4-254-65008-2
【発行日】  2019年 8月
【価格】   本体3,400円+税
【体裁】   A5判,232ページ

 

内容紹介

「眠る」,「食べる」,「遊ぶ」といった3つの基本的な活動を「繋げ」,
乳幼児の発達と保育について保育学,発達科学,脳神経科学,政治経済学,工学,医学,保健学などの観点から科学的にとらえる。各セクション冒頭に,問いかけを2個箇条書きで掲載し,各セクションの内容がそれらの答えとなるようやさしく解説する。

 

序文(全文公開)

※著者、出版社の了承を得た上で、公開しています。
※印刷・コピーは出来ません。(閲覧のみ可)

 

【書籍紹介ページ】朝倉書店ウェブサイト
http://www.asakura.co.jp/books/isbn/978-4-254-65008-2/

園づくりのことば  保育をつなぐミドルリーダーの秘訣

patternlanguage_book

【編著】  井庭 崇・秋田 喜代美
【著】   野澤 祥子・天野 美和子・宮田 まり子
【出版社】 丸善出版
【ISBN】 978-4-621-30410-5
【発行日】  2019年 7月
【価格】   本体1,300円+税
【体裁】   B5変形,120ページ

 

内容紹介

園の職員が保育に関わり
互いに交流しながら成長していく環境を
つくっていくなかで

○どのような視点で
○どのようなことを考えて
○何をしているのか

その実践の知恵を
27 個の秘訣としてまとめました。

ミドルリーダーがよりよく実践するためのヒントをお届けします。

 

【書籍紹介ページ】丸善出版ウェブサイト
https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/?book_no=303402

あらゆる学問は保育につながるー発達保育実践政策学の挑戦

cedepbook

 

【監修】 秋田 喜代美   【編】 山邉 昭則 / 多賀 厳太郎
【出版社】 東京大学出版会
【ISBN】 9784130513333
【発行日】 2016年 3月28日
【価格】 本体3,800円+税

 

内容紹介

子育ては、学問にとって最高難度の研究テーマです。
保育を担う社会と政策、保育の実態、乳幼児の発達の機構、保育に関わ る人材の教育等について、社会科学、人文科学、自然科学までをカバーするあらゆる学問領域の専門家が結集し、新しい知の地平を切り拓きます。

 

【書籍紹介ページ】東大出版会ウェブサイト
http://www.utp.or.jp/book/b307144.html