新型コロナウイルス関連の子ども・子育てに関わる情報はこちら

共催セミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ第1回 紙とデジタルどうちがう?〜絵本の役割と子どもの育ち〜 開催報告

共催セミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ第1回 紙とデジタルどうちがう?〜絵本の役割と子どもの育ち〜を開催いたしました。

当日の発表資料を掲載いたします。

[日時] 2021年6月15日 (火) 15時~16時30分
[場所] オンライン開催(Zoomウェビナー/YouTubeライブ)
[共催] 東京大学教育学研究科附属発達保育実践政策学センター(Cedep)/株式会社ポプラ社

 

発表資料およびプログラム
司  会 佐藤 賢輔(発達保育実践政策学センター 特任助教)
講  演 「子どもと絵本・本に関する研究」プロジェクトの意義と成果
遠藤 利彦(東京大学大学院教育学研究科 教授/発達保育実践政策学センター センター長)

対  談 「紙とデジタル どうちがう?〜絵本の役割と子供の育ち〜」
柴田 愛子(りんごの木 代表) × 遠藤 利彦
ファシリテーター:野澤 祥子(発達保育実践政策学センター 准教授)
おわりに 千葉 均(株式会社ポプラ社 代表取締役社長)

 

メディア掲載情報
・2021/7/05 リセマム “「遊びもの」としての絵本の可能性…繰り返すことで広がる子供の育ち”
・2021/6/24 ReseEd “保育・幼児教育「絵本」の役割とは…紙とデジタル”
・2021/7/12 日本教育新聞WEB “デジタル時代の絵本の役割は 東大Cedepとポプラ社がセミナー”
※外部サイトに移動します。

 
2021年5月9日開催東京大学Cedep×株式会社ポプラ社 共同研究プロジェクト オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ第1回 紙とデジタルどうちがう?〜絵本の役割と子どもの育ち〜のフライヤー画像

[印刷用PDF]クリックで大きな画像が開きます(569KB)

 
東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター(Cedep)とポプラ社による共同研究「子どもと絵本・本に関する研究」プロジェクトでは、オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズと題して、多彩なゲスト・講師をお招きし、デジタル時代の子どもの発達と絵本・本の関係や、子どもをとりまく絵本・本環境について学びを深めるためのセミナーを全4回(予定)にわたり開催いたします。
第1回となる今回は、遠藤利彦Cedepセンター長が、今年3年目を迎えるCedep×ポプラ社「子どもと絵本・本に関する研究」プロジェクトの意義とこれまでの成果について講演しました。
また、保育者で絵本作家でもある柴田愛子先生をゲストにお招きし、遠藤センター長との対談の形で、絵本・本とのより良い関わり方や、より豊かな読書環境を実現するための手がかりについて考えました。

::関連リンク::
Cedepとポプラ社の共同研究プロジェクト〉
「デジタル時代の子どもと絵本·本」シリーズ 第2回について見る〉