Cedep 発達保育実践政策学センター

公開シンポジウム「乳幼児の食に迫る:発達保育実践政策学の根幹」

日時
2020年2月1日 (土) 13:00〜17:00
場所
日本学術会議講堂
主催
日本学術会第一部心理学・教育学委員会
共催
東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター
後援
日本学術会議
お申し込み
事前申し込み制 先着300名 参加費無料

企画趣旨

乳幼児期の「食」に焦点を当て、栄養や腸内細菌が子どもの発達に与える影響について、最先端の研究からその理解を深めるとともに、子どもの発達を支えるための保育・教育実践における食のあり方に関する掘り下げた議論を行います。

プログラム

総合司会 野澤 祥子(東京大学大学院教育学研究科 准教授)
企画趣旨説明
13:00~
遠藤 利彦(日本学術会議第一部会員・東京大学大学院教育学研究科 教授)

第1部 13:10~14:25 食に関わる生物学・医学的基盤

司会
企画趣旨
多賀 厳太郎(東京大学大学院教育学研究科 教授)
話題提供 ① 三浦 正幸(日本学術会議連携会員・東京大学大学院 薬学系研究科 教授)
② 須藤 信行(九州大学大学院 医学研究院 教授)

第2部 14:35~16:05 乳幼児の食を支える保育・教育実践

司会
企画趣旨
野澤 祥子(東京大学大学院教育学研究科 准教授)
話題提供 ③ 外山 紀子(早稲田大学人間科学学術院 人間科学部 教授)
④ 弘中 祥司(昭和大学歯学部 スペシャルニーズ口腔医学講座口腔衛生学部門 教授)
指定討論 小玉 重夫(日本学術会議 第一部会員・東京大学大学院 教育学研究科 教授)

第3部 16:15~16:45 パネルディスカッション

まとめと閉会挨拶
16:45~17:00
秋田 喜代美(日本学術会議第一部連携会員・東京大学大学院教育学研究科長)

資料

ページトップ