Cedep 発達保育実践政策学センター

発達保育実践政策学センター(CEDEP)国際セミナー「幼児教育におけるコモン・ワールディングの教育学」
CEDEP International Seminar "Common Worlding Pedagogies in Early Childhood Education"

日時
2024年3月9日 (土) 10:00〜12:00
Date Time
March 9, 2024 Sat. 10:00-12:00 JST
会場 / Venue
オンライン(Zoomウェビナー 9:30より入室可)
Online(Zoom Webinar 9:30 JST Open)
お申し込み
/ Registration
事前申し込み制(先着1,000名)無料
Free of charge, Advance registration required (first 1,000 applicants)
Register now 〉
言語
/ Language
日 / 英 同時通訳あり
Japanese-English Simultaneous interpretation available.
Contact Us
Contact Us 〉

Flyer_english ver.↓

共催 / Joint sponsorship

東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター(CEDEP)
科研費(国際共同研究加速基金)子どもと自然の新しい関係のための教育理論とアプローチの構築:気候変動の時代の保育

Jointly hosted by the JSPS for Accelerated International Research: Building Educational Theories and Approaches for New Relationships between Children and Nature: Early Childhood Education in an Era of Climate Change

企画趣旨 / Event aims

コモン・ワールディングの教育学は、自然/文化の二項対立に挑戦し、従来の環境教育が内包している人間中心主義と植民地主義を克服することを企図するものです。この概念を深化させてきたヴェロニカ・パチーニ-ケチャボー氏の研究グループを招き、これからの時代の子どもと自然の新たな関わりのためのアプローチについて考えます。

Common Worlding Pedagogies challenges the nature/culture dichotomy and attempts to overcome the anthropocentrism and colonialism implicit in traditional environmental education. Veronica Pacini-Ketchabaw and her colleagues, who have deepened this concept, will be invited to discuss the approaches to a new relationship between children and nature.

プログラム / Program

司会 / Chair

野澤 祥子(東京大学 CEDEP 准教授)
Sachiko Nozawa (CEDEP)

開会挨拶 / Opening Remarks

浅井 幸子(東京大学 教授/CEDEP 副センター長)
Sachiko Asai(Professor, The University of Tokyo/Deputy Center Director of CEDEP)

講演 / Lecture

幼児教育におけるコモン・ワールディングの教育学

ヴェロニカ・パシーニ=ケチャボー(ウェスタン大学 教授)
ナーダ・ネルソン(ウェスタン大学 博士課程)
テレサ・スミス(幼児教育ネットワーク ペダゴジスタ)

講演では、コモン・ワールディング・ペダゴジーについて、10年以上にわたっていかに思考し、実験してきたかを報告します。その10年の間に、私たちの実践の焦点は、「発達する子ども」から「複雑で、絡み合っていて、相互に影響しあい、共同形成する子ども-世界の関係性」へとシフトしてきました。教育者と子どもたちが、他者(人間や人間以上の存在)と「世界を世界する(共有する)」教育的出会いの例を提示します。

Lecture: Common Worlding Pedagogies in Early Childhood Education

Veronica Pacini-Ketchabaw(Professor, Western University, Canada)
Narda Nelson (Doctoral Student, Faculty of Education, Western University)
Teresa Smith (Pedagogist, Early Childhood Pedagogy Network)

Talk summary: This presentation addresses how we have been thinking and experimenting with common worlding pedagogies in early childhood education for over a decade, shifting the focus of their practice from the developmental child to the complex, entangled, mutually affecting, and co-shaping child-world relations. We will offer examples of educational encounters in which educators and children world worlds with others (human and more-than-human).

ヴェロニカ・パシーニ=ケチャボー氏画像

ヴェロニカ・パシーニ=ケチャボー氏 Veronica Pacini-Ketchabaw

カナダ オンタリオ州 ウェスタン大学教育学部教授(幼児教育)、カリキュラム研究学際センター長。Common Worlds Research Collective(子どもたちと場所、物質、他の種との関係をたどる)、Early Childhood Pedagogies Collaboratory(21世紀型教育法の諸要素、条件、複雑さを実験する)に貢献する研究や執筆を行っている。

Professor of Early Childhood Education in the Faculty of Education and Director of the Interdisciplinary Centre for Research in Curriculum at Western University in Ontario, Canada. Her writing and research contribute to the Common Worlds Research Collective (tracing children's relations with places, materials, and other species), and the Early Childhood Pedagogies Collaboratory (experimenting with the contours, conditions, and complexities of 21st century pedagogies).

https://www.veronicapaciniketchabaw.com/

質疑応答 / Discussion

資料 準備中

ページトップ