Cedep 発達保育実践政策学センター

共催セミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ第4回 これからを生きる子どもとデジタルメディア

日時
2022年1月18日 (火) 14:00〜15:50
場所
オンライン開催(Zoomウェビナー)
共催
東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター(Cedep)/株式会社ポプラ社
お申し込み
先着1,000名 参加費無料

企画趣旨

東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター(Cedep)とポプラ社の共同研究「子どもと絵本・本に関する研究」プロジェクトによるオンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ、最終回となる第4回は、森口佑介先生(京都大学)を講師としてお招きし、子どもとデジタルメディアの関わりについて、デジタルデバイスの操作スキルの発達、家庭のメディア環境の影響、パンデミックによるメディア環境の変化などの観点からご講演いただきます。

また、Cedepの佐藤特任助教から、ポプラ社との共同研究の一環として実施した、家庭での幼児のデジタルメディア利用や読書の実態、保護者の意識に関する調査結果を簡単にご紹介いたします。

さいごにディスカッションを通じて、子どもとデジタルメディア、そして絵本・本の関係性について考えていきます。

プログラム

司  会

高橋 翠(発達保育実践政策学センター 特任助教)

講  演

「コロナ時代の子どもとデジタルメディア」
森口 佑介(京都大学大学院文学研究科 准教授)

研究報告

「家庭での幼児のデジタルメディア利用および読書に関する調査」
佐藤 賢輔(発達保育実践政策学センター 特任助教)

ディスカッション

ファシリテーター 野沢 祥子(発達保育実践政策学センター 准教授)

なお、講演される森口 佑介先生(京都大学大学院文学研究科 准教授)におかれましては、後日の資料公開及び録画配信がございません。
当日のご登壇をどうぞお見逃しのないよう。

関連リンク

オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ(全4回)について

共同研究「子どもと絵本・本に関する研究」プロジェクトでは、オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズと題して、多彩なゲスト・講師をお招きし、デジタル時代の子どもの発達と絵本・本の関係や、子どもをとりまく絵本・本環境について学びを深めるためのセミナーを全4回にわたり開催しました。

第1回セミナー第2回セミナー第3回セミナーCedep×ポプラ社共同研究「子どもと絵本・本に関する研究」プロジェクト

ページトップ