Cedep 発達保育実践政策学センター

Cedep×ポプラ社 共同研究

Cedep×ポプラ社共同研究「子どもと絵本・本に関する研究」プロジェクト

わたしたちは、株式会社ポプラ社と共同で、‘本’の価値を科学的なアプローチで明らかにする「子どもと絵本・本に関する研究」プロジェクトに取り組んでいます。
バナーから、株式会社ポプラ社のウェブサイトを訪れ、本共同研究プロジェクトのページをご覧になれます。※ポプラ社のウェブサイトに移動します。

研究の目的

  • 子どもの発育発達プロセスにおける絵本・本の固有性
  • 認知能力・非認知能力の発達への寄与の可能性
  • 保育園・幼稚園での絵本をとりまく環境 等

これらを科学的アプローチによって明らかにしていくことで、デジタルメディア時代の絵本・本の新たな価値を発見し、その研究成果を広く社会に向けて発信することにより、未来の子どもたちにより豊かな読書環境を提供することを目指してまいります。

新着情報

2022年2月28日 オンラインシンポジウムを開催しました。

東京大学Cedep × ポプラ社 共同研究シンポジウム「豊かな絵本・本・メディア環境の実現に向けて〜『子どもと絵本・本に関する研究』のこれまでの成果から」

2019年8月にスタートしたCedepとポプラ社による共同研究プロジェクト「子どもと絵本・本に関する研究」では、子どもと絵本・本の関わりや子どもを取り巻く絵本・本・メディア環境について、調査、実験、事例研究など多様なアプローチに基づき、多層的・多面的な研究を行ってきました。

シンポジウムでは、プロジェクトのこれまでの成果をまとめた上で、これからを生きる子どもたちにとっての豊かな絵本・本・メディア環境を実現するための提言に繋げます。

シンポジウム詳細

「令和の子どもと絵本·本環境」について

調査結果ダイジェスト「令和の子どもと絵本·本環境」をご紹介いたします。

Cedep×ポプラ社の共同研究では、子どもの絵本・本環境を子ども・家庭-園-地域/自治体というエコシステムとして捉えた上で、それぞれの実態を把握するための調査を実施してきました。
この冊子では、各調査を通じて明らかになった事柄のうち、特に重要だと思われるものをまとめました。

デジタルブックで「令和の子どもと絵本·本環境」を見る

2022年1月18日 オンラインセミナーを開催しました(全4回シリーズの第4回)

「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ第4回 これからを生きる子どもとデジタルメディア

シリーズ最終回となる第4回は、子どもとデジタルメディアの関わりについて、デジタルデバイスの操作スキルの発達、家庭のメディア環境の影響、パンデミックによるメディア環境の変化などの観点から、子どもとデジタルメディア、そして絵本・本の関係性について考えます。

第4回セミナー

2021年11月5日 オンラインセミナーを開催しました(全4回シリーズの第3回)

「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ第3回 脳科学から考えるデジタル時代の子どもと読書

デジタル時代の読書と言語発達の関係や、デジタル時代における教育のあり方、より豊かな読書環境を実現するための手がかりについて考えます。

第3回セミナー

2021年9月 「想像力ついてのオンライン調査」参加者を募集:終了しました

想像力についてのオンライン調査

2021年8月28日 オンラインセミナーを開催しました(全4回シリーズの第2回)

「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ第2回 乳幼児の絵本体験を問う:乳幼児はどのように絵本を体験しているか?
子どもの絵本・本に関わる実践や研究から乳幼児の絵本体験について考えます。

第2回セミナー

「写真でみる公立図書館・図書室の乳幼児・保護者のためのスペース事例集」について

2021年8月28日開催の共同研究プロジェクト オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ第2回 乳幼児の絵本体験を問う:乳幼児はどのように絵本を体験しているか? では、菅井洋子先生(川村学園女子大学教授/Cedep協力研究者)のご講演において「写真でみる公立図書館・図書室の乳幼児・保護者のためのスペース事例集」が紹介されました。

この事例集は、Cedep×ポプラ社の共同研究の一環として、全国の公立図書館・図書室(回答数1304件/送付数3299件)を対象として実施した「子どもの読書環境と公立図書館の役割に関する調査」の成果の一つで、調査にご協力いただいた図書館・図書室の皆様から18歳未満の子どもを対象とした区画・閲覧スペースの写真と解説をご提供いただき、特に乳幼児と保護者のための環境づくりの例としてわかりやすい写真を取り上げ、分類・解説したものです。

区画・閲覧スペースの分類と解説は、子どもたちひとりひとりの学びとウェルビーイングと社会のウェルビーイングのために、何が変革されるべきか?という視点から、これからの学校のカリキュラムの在り方についてOECD Education 2030が12のデザイン原理を参照し、元Cedepセンター長の秋田喜代美先生(学習院大学教授/東京大学名誉教授)が考案した「子どもの読書環境構成のデザイン原理」に基づいています。

写真の分類や解説は、乳幼児の読書環境や絵本と子どものかかわりについてご研究されている川村学園女子大学の菅井洋子先生が作成されました。

特設サイトからダウンロードできます。どうぞご利用ください。
特設サイトでは今後も情報をアップデートしてゆきますので、常に冊子の最新版をダウンロードしてご利用になれます。

2021年6月15日 オンラインセミナーを開催しました(全4回シリーズの第1回)

「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ第1回 紙とデジタルどうちがう?〜絵本の役割と子どもの育ち〜

オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ(全4回)。毎回多彩なゲスト・講師をお招きし、デジタル時代の子どもの発達と絵本・本の関係や、子どもをとりまく絵本・本環境について学びを深めます。

第1回セミナー

2021年1月 「絵本についてのオンライン調査」参加者を募集しています

募集は終了しました。たくさんのご応募をありがとうございました。

絵本についてのオンライン調査

2020年12月4日 オンラインシンポジウム「デジタル時代における絵本・本の価値を探る ~子どもたちの豊かな読書環境の実現を目指して~」を共催しました

デジタル時代における本の価値、パンデミック下における子どもと本のかかわりなどに関する、本プロジェクトの研究内容とここまでの成果をご紹介するとともに、これら研究の知見を手がかりとして、子どもと絵本・本のかかわりを、より豊かなものにする方法について考えます。

シンポジウム詳細

2020年2月「保育・幼児教育施設における 『絵本』に関する調査」集計結果速報版

2020年2月19日 記者会見をおこないました

『ポプラ社と絵本・本と子どもの発達に関する共同研究を実施:全国保育・幼児教育施設の絵本・本環境実態調査の結果公表』

記者会見についてみる

2019年8月 ポプラ社とCedepは共同研究契約を締結しました

ポプラ社×Cedep 共同研究契約締結についての記事をみる

ポプラ社のニュースリリース ※ポプラ社のウェブサイトへ移動します

(左から)東京大学発達保育実践政策学センター:野澤祥子、東京大学大学院教育学研究科長:秋田喜代美、株式会社ポプラ社代表取締役社長:千葉均、東京大学発達保育実践政策学センター |センター長:遠藤利彦

ページトップ