新型コロナウイルス関連の子ども・子育てに関わる情報はこちら

Cedep×凸版印刷 共同研究

Cedep×凸版印刷共同研究「幼児期の非認知能力の育ちを支えるプロジェクト」

本センターでは、2018年から凸版印刷株式会社との共同研究で、幼児期の非認知能力の育ちを支えるプログラム開発研究をしています。

近年、関心を集めている非認知能力。それは、読み・書き・計算など知能テストで測定してきた能力以外の、目標に向かって頑張る力、他の人とうまく関わる力、感情をコントロールする力などを指します。

子どもの健全な育ちを予測するこれら非認知能力の育ちを支えるべく、子どもの「みて!」「きいて!」といった自発的な発信を記録するタブレット用アプリの開発、それを保育の見とりに活用する方法についての実証実験、その他さまざまな調査に取り組んでいます。

 

新着情報
コラムのご紹介ーTOPPAN EDUCATION

凸版印刷株式会社の教育事業 TOPPAN EDUCATIONのウェブサイトに、本共同研究についてのコラムが掲載されています。ぜひご覧ください。
2021.07.26 コラム「非認知能力」ってなに?なんで大切なの?どう育てるの?
※外部サイトに移動します。
 

非認知能力について学べる学習アニメ動画

保育者向けに非認知能力について学べる学習動画を制作しました!

凸版共同研究プロジェクトの一環として、非認知能力について学べる学習アニメ動画(各3分程度)を制作しました。YouTubeトッパン公式チャンネルにて限定公開されていますので、自学や園内研修にご活用いただければ幸いです。

➀【非認知能力について】非認知能力とは①
➁【非認知能力について】非認知能力とは②
➂【非認知能力について】内発的動機づけ
④【非認知能力について】自己効力感
⑤【非認知能力について】セルフコントロール
⑥【非認知能力について】感情知性
⑦【非認知能力について】向社会性

動画のページへ

 

2021年2月16日 オンラインシンポジウムを開催しました
共同研究シンポジウム「非認知ってなに?なんで大切なの?どう育てるの? ―子育て・保育・教育現場における非認知能力の実際―」

凸版印刷株式会社との共同研究「幼児期の非認知能力の育ちを支える」プロジェクトでは、非認知能力、すなわち、意欲や社会性や自己制御といった“学力以外の”心の育ちに注目し、保育の現場で保育者が子どもの非認知能力の育ちを「見とり・支える」ためのプログラムの開発および効果検証を行っています。このシンポジウムでは、本プロジェクトの概要と、静岡県袋井市における実証実験、そして、家庭や園における非認知能力についての意識や取り組みに関する調査をご紹介しています。

2021年2月16日シンポジウム

 

調査
保幼小接続(幼保小接続・幼小接続)についての意識および取り組みに関するwebアンケート調査

2021年度から文部科学省中央教育審議会に「幼児教育と小学校教育の架け橋特別委員会」が設置されるなど、保育・幼児教育と小学校との円滑な接続に向けた取り組みが本格化してきています。

小学校への円滑な接続をどのように支えてゆけるのか、広く社会で考え議論していくための根拠となるデータを得るために、凸版印刷株式会社との共同研究の一環として、保育・幼児教育と小学校とのスムーズな接続についての意識および取り組みについて、保育・幼児教育施設の方、および保護者を対象とした調査を実施しました。調査詳細

調査の対象者
<保育・幼児教育施設に関わる方>
①保育・幼児教育施設の園長・理事・副園長・主幹など、園の経営に関わる方
②保育・幼児教育施設の保育者・教諭など、個別の園児さんの保育・幼児教育に関わる方

<保護者の方>
③未就学児(3~6歳)の保護者さま
④小学校1・2年生の保護者さま

調査実施期間 2021年11月~12月26日(日)
※ 本調査は、東京大学倫理審査専門委員会において審査され、東京大学大学院教育学研究科長の承認を受けて実施されました。

調査報告書

デジタルブックでみる

デジタルブックでみる

デジタルブックでみる

デジタルブックでみる

 

乳幼児期の非認知能力についての意識および取り組みに関する調査 [速報]
東京大学 発達保育実践政策学センター(Cedep)では、凸版印刷株式会社と共同し、幼児の非認知能力を育成する保育実践の研究を行っております。このたび、その一環としまして、1,保護者 2,園/保育者を対象に、乳幼児期の非認知能力についての意識および取り組みに関する調査を行いました。

1,保護者を対象とする、乳幼児期の非認知能力についての意識および取り組みに関する調査
乳幼児の子育て中の保護者さまの、乳幼児期の非認知能力についての意識およびご家庭での取り組みについて、学術的に把握することを目的とした調査を実施しました。調査詳細

調査の対象者 0歳~就学前(6歳)のお子さまの保護者(きょうだい児がいらっしゃる場合、0~6歳の未就学のお子さまの中で一番上のお子さまについて伺いました)

調査実施期間 2020年9月~11月
※ 本調査は、東京大学倫理審査専門委員会において審査され、東京大学大学院教育学研究科長の承認を受けて実施されました。

調査報告書

デジタルブックでみる

デジタルブックでみる

 
2,園/保育者を対象とする、乳幼児期の非認知能力についての意識および取り組みに関する調査
保育・幼児教育の現場での、乳幼児期の非認知能力についての意識および取り組みについて、学術的に把握することを目的とした調査を実施しました。調査詳細

調査の対象者 保育・幼児教育施設の園長先生など保育・幼児教育の経営に関わる方、および保育者の先生など保育に関わる役職の方

調査実施期間 2020年9月~10月25日(日)
※ 本調査は、東京大学倫理審査専門委員会において審査され、東京大学大学院教育学研究科長の承認を受けて実施されました。

調査報告書

デジタルブックでみる

デジタルブックでみる

 

論文

則近 千尋・唐 音啓・遠藤 利彦
幼児期における非認知能力プログラムの近年の動向
『東京大学大学院教育学研究科紀要』第60巻 2020(2021年3月発行)

 

西田 季里・久保田(河本) 愛子・利根川 明子・遠藤 利彦
非認知能力に関する研究の動向と課題
『東京大学大学院教育学研究科紀要』第58巻 2018(2019年3月発行)

 

発表

西田 季里・遠藤 利彦
園児の興味を見とり支えるICT 活用の可能性 ― 園児の自発的報告を記録するタブレット用アプリ実証実験 ―

2022年5月14~15日|日本保育学会第75回大会
開発アプリ実証実験についての口頭発表・演題番号K-B-8-089

 

Nishida, K., Maruyama, A., Tonegawa, A., Norichika, C., Tou, O., Tanimura, A., Yamanishi, T., & Endo, T.
The Development of an App for Tablets that Records the Voluntary Reports of Kindergarteners and its Utilization in Kindergartens.

2021年9月1~17日|EECERA(European Early Childhood Education Research Association)Annual Conference 2021
開発アプリ実証実験についてのポスター発表

 

西田 季里・遠藤 利彦
園児の「みて!」「きいて!」を記録するタブレット用アプリの開発と園での活用

2021年5月15~16日|日本保育学会第74回大会
開発アプリ実証実験についての口頭発表・演題番号K-B-5-077